神奈川県民の皆様へ健康・情報発信
栄養士会員への専門情報発信
公益社団法人 神奈川県栄養士会
  1. HOME
  2. 入会のご案内
  3. 入会申込みについて

入会申込みについて

入会のメリット

*日本栄養士会雑誌(公社)日本栄養士会の「栄養日本」が年12回、(公社)神奈川県栄養士会の「栄養かながわ」が年4回発行されます。最新の栄養情報、栄養士会の活動、研修会・セミナーなどのご案内などの情報が得られます。

*栄養士として活動するうえで必要な学術や最新の情報などを会員向けの研修会・セミナーなどへの参加ができます。

*職域事業部では、職域の仲間との交流や専門の研修会などを開催しています。会員間の情報交換や相談やアドバイスも得られます。

*ブロックでは、県民への事業を実施し、栄養相談や食育事業など県民の健康づくり事業を行っています。

入会の手続き

WEB入会申込

電話番号は※(必須項目)になっていませんが、 当会より連絡を差し上げることがありますので電話番号の入力をお願いします。

FAX及び郵送でのお申込み

FAX 045-315-6302
送付先 〒231-0057 横浜市中区曙町2-19-1 曙町新井ビル11F (公社)神奈川県栄養士会 入会申込係
入会申込書に必要事項を記入し、(公社)神奈川県栄養士会宛ご提出ください。

入会申込みを事務局で確認後、入会案内と振込用紙を送付いたしますので、会費をお振込み下さい。
(会費振込先)
郵便振替の口座番号:00250-7-3244 公益社団法人 神奈川県栄養士会

入会申込書の記入方法

※会費について(4月から~翌年3月まで)
【初年度14,500円】
(会費の内訳)
入会金(再入会金) 1,000円【初年度のみ支払い】+ 会費 13,500円【内訳:日本栄養士会費 6,500円+神奈川県栄養士会費 7,000円】

※職域事業部と県民活動事業部について
(公社)神奈川県栄養士会は7つの職域事業部と6つの県民活動事業部で事業を行っています。会員はいずれかの職域事業部と県民活動事業部に所属していただきます。職域事業部は主として栄養士の技術向上を図る事業を展開し、県民活動事業部は主として県民の健康増進を図る事業を行います。

職域活動事業部の一覧

7つの職域事業部があり、勤務先などにより所属します。職域事業部では会員のスキル向上を目的に研修会等を開催しています。

医療事業部会(病院、クリニック等) 活動機関 病院、診療所、クリニック等の医療機関
活動内容 研修会等5回,見学会1回
学校健康教育事業部会(学校等) 活動機関 小学校、中学校、特別支援学校等
活動内容 研修会等2回、会報1回
勤労者支援事業部会(事業所、防衛等) 活動機関 社員食堂、工場給食、給食企業等の産業
活動内容 見学会1回
研究教育事業部会(管理栄養士・栄養士養成施設等) 活動機関 栄養士養成施設、研究所等の研究教育機関
活動内容 研修会等1回、見学会1回
公衆衛生事業部会(保健所、県、市町村等) 活動機関 保健所、官公庁等の行政機関
活動内容 研修会等3回
地域活動事業部会(地域活動等) 活動機関 在宅、フリーランス等
活動内容 研修会等5回
福祉事業部会(高齢・児童・障害施設等) 活動機関 保育園、老人ホーム等の福祉機関
活動内容 研修会等5回

県民活動事業部の一覧

県民活動事業部(6ブロック)は、現住所地の所属となり、県民活動などを主に行っています。

第1県民活動事業部会 横浜市
第3県民活動事業部会 川崎市
第4県民活動事業部会 横須賀市、三浦市、鎌倉市、逗子市、葉山町
第5県民活動事業部会 秦野市、小田原市、箱根町、湯河原町、松田町、中井町、真鶴町、南足柄市、山北町、開成町、大井町、伊勢原市
第6県民活動事業部会 平塚市、大磯町、二宮町、藤沢市、茅ケ崎市、寒川町
第7県民活動事業部会 相模原市、大和市、綾瀬市、厚木市、海老名市、座間市、愛川町、清川村
※市町村合併前の名称を使用

入会後

入会手続き後、「会員証」が交付されます。 会員証は、研修会等の受付や生涯教育受講単位の確認を行う上で必要になります。大切に保管ください。

PageTop