神奈川県民の皆様へ健康・情報発信
栄養士会員への専門情報発信
公益社団法人 神奈川県栄養士会
  1. HOME
  2. 事業内容
  3. 栄養士のおすすめメニュー

栄養士のおすすめメニュー

夏メニュー

勤務先の特養で、職員さんたちにも好評だった献立です。

 
材料 2人分
白身魚 2切れ(舌平目 真鯛刺身用 等)
0.5g
コショウ 少々
小麦粉 5g
バター 10g
レモンソース
レモン果汁 大さじ1
白ワイン 大さじ1
砂糖 大さじ1
バター 4g
付け合わせ
トマト 10g
アスパラ 8g
サニーレタス 15g
  1. 白身魚に塩コショウをふり、しばらくおく。
  2. レモンソースを作る。
    白ワインのアルコール分を小鍋で飛ばしたのち、レモンソースの残りの材料を入れて、かきまぜる。
  3. 魚に小麦粉をうすくまぶす。
  4. バターをフライパンで焦がさない程度に溶かし、魚を焼く。
  5. お皿に魚を盛り付け、粗熱のとれたレモンソースをかける。
    あれば、レモンを薄く半月切りにしたものをかざる。
  6. 付け合わせにお好みの野菜を添える。
材料 2人分
グリーンアスパラ 100g
えのきだけ 15g
練梅 10g
醤油 1g
だし汁 5g
  1. アスパラガスの端の固い部分を切り落とし、皮をむく。
  2. 長さ3センチぐらいに切り、歯ざわりが残る程度にゆでて、さます。
  3. お好みでえのきだけも切って、ゆでておく。
  4. 梅肉、醤油をだし汁でのばしたものであえる。
材料 2人分
冬瓜 60g
オクラ 1本
コンソメ 4g
少々
コショウ 少々
濃口醤油 1g
生姜 0.5g
  1. 冬瓜の皮をむき、種とわたをとり、5ミリ程度の薄切りにする。
  2. オクラは軽くゆでて、小口切りにしておく。
  3. 鍋に水をいれ、冬瓜をいれて、火にかける。
  4. 冬瓜が柔らかくなったら、コンソメなどで調味する。
  5. 仕上げにオクラをちらす。
  6. お好みでショウガのしぼり汁を少々いれ、水溶き片栗粉で薄くとろみをつける。

 

春メニュー

今回は「春野菜」をテーマにしたメニューをご紹介します。
野菜を通して、春を感じていただける見た目にしました。少し食べづらい盛り付けですが、野菜をたっぷり頂いて季節を感じましょう。

 
1食分の栄養価(1人分)
献立名 エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 食物繊維 食塩
kcal g g g g g
菜の花のスパゲティ 380 15.7 9.5 56.0 6.0 1.3
春野菜のポトフ(トマト味) 229 11.5 9.9 23.4 8.8 1.1
キウイフルーツ 42 0.8 0.1 10.8 2.0 0.0
合計 651 28.0 19.5 90.2 16.8 2.4
材料 1人分 4人分
スパゲッティ 乾 70g 280g
菜の花 50g 200g
ベーコン 25g 100g
にんにく 2g 8g
鷹の爪 0 1本
オリーブ油 5g 大さじ2弱
ゆで汁 50g 1カップ
固形ブイヨン 2g 1ケ
食塩 0.1g 0.4g
こしょう 0.01g 0.04g
  1. 菜の花はほぐしながら食べやすい長さ(4cm位)に切る。にんにくは薄切りにする。
  2. スライスベーコンは1cm幅に切る。
  3. 鷹の爪は種を取り、2mm幅くらいの輪切りにする。お湯に浸し、柔らかくして切ると良い。
  4. 鍋にお湯を沸かし、スパゲッティを茹でる。
  5. 冷たいフライパンにオリーブ油、にんにく、鷹の爪を入れ弱火で香りをだし、2.のベーコンを炒める。
  6. 分量の茹で汁を取り、ブイヨンを溶かしておく。
  7. 5.のフライパンに葉の花を入れ、6.のブイヨンを入れる。菜の花に火が通ったら塩、こしょうで味を整える。菜の花に火が入りすぎないように注意する。
  8. 茹でたスパゲッティを7.のフライパンに入れ、合えてから器に盛り付ける。
材料 1人分 4人分
豚肉(肩ロース) 50g 200g
にんじん 40g 160g
たまねぎ 40g 160g
キャベツ 50g 200g
じゃがいも 70g 280g
固形ブイヨン 2g 1ケ半
100g 2カップ
トマトジュース (食塩無添加) 20g 80g
食塩 0.1g 0.4g
こしょう 0.01g 0.04g
  1. にんじんは皮付のまま輪切りにする(3cm位)。
  2. 新じゃがいもは小さいものを選び、皮をきれいに洗う(70g位)
  3. 新玉ねぎは芯をつけたままくし形に切る(1/6)
  4. 新キャベツはホールケーキを切り分けるように芯をつけてくし形に切る。
    (外側が2cm位になるように)
  5. 豚肩ロースブロックは2cm幅に切る。
  6. にんじん、新じゃがいも、新キャベツは蒸し、にんじんとじゃがいもは皮を剝いておく。
  7. 鍋に分量の1.1倍の水と3.の新玉ねぎを入れ火にかける。
    沸いてきたら5.の豚肩ロース、ブイヨンを入れ煮る。
  8. 7.の豚肉が煮えたら、トマトジュースを入れ塩、こしょうで味を整える。
  9. 器ににんじん、じゃがいも、キャベツ、8.の玉ねぎ、豚肩ロースを盛り付け、8.のスープを流しいれる。
  10. ナイフで具材を切りながら頂く。
材料 1人分 4人分
キウイフルーツ 80g 4個
  1. キウイフルーツは皮を剥き、適当な大きさに切り、器に盛り付ける。

 

冬メニュー

寒さが厳しい季節となりました。今回は三浦半島地区でとれる旬の野菜、大根とキャベツを使ったレシピを紹介します。
大根は、部位によって特徴が異なります。葉に近い上のほうは甘みが強く固めで、下のほうは辛みが強くなります。今回のぶり大根は煮物なので、真ん中部分を使うのがおすすめです。たっぷりと脂を蓄えた旬のぶりと一緒に召し上がってみてください。
キャベツは芯の部分も薄くそぐように切れば、食べやすくおいしく召し上がれます。
食事から寒さに負けないからだづくりを始めてみましょう。

 
1食分の栄養価
献立名 エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 食物繊維 食塩相当量
kcal g g g g g
ご飯 235 3.5 0.4 51.9 0.4 0
ぶり大根 289 18.7 14.2 13.5 1.7 1.2
春菊の白和え 85 5 4 7.7 2.4 0.3
キャベツとしめじの味噌汁 42 3.3 0.9 6.8 2.5 1.4
りんご 37 0.1 0.2 9.7 1.1 0
合計 688 30.6 19.7 89.6 8.1 2.9
材料 1人分 2人分
ぶり 80g 160g
大根 85g 170g
小松菜 25g 50g
しょうが 3g 6g
濃口醬油 8g 16g
砂糖 2g 4g
みりん 12g 24g
10g 20g
  1. ぶりは熱湯に湯通しし、表面の色が変わったら取り出し、水気をきる。
  2. 大根は皮をむき、8~10mm程度の厚さの半月切りにする。
  3. 鍋に大根を入れて、大根がかぶる程度の水を入れる。中火にかけ、煮立ったら15分ほど煮て、ざるにあげる。
  4. しょうがは千切りにする。
  5. 小松菜は3cm長さに切る。
  6. 鍋に180㏄の水、酒、みりん、砂糖、しょうゆを入れて中火にかける。煮立ったら、大根を入れて中火で煮る。
  7. 煮立ったら、ぶりと小松菜、しょうがを加え、落しぶたをして弱めの中火で20分煮る。
材料 1人分 2人分
春菊 40g 80g
こんにゃく 15g 30g
にんじん 10g 20g
木綿豆腐 50g 100g
すりごま 3g 6g
砂糖 4g 8g
うすくちしょうゆ 1g 2g
  1. 豆腐はキッチンペーパーで包み、重しをのせて、水気をきる。
  2. 春菊は茹でて、水にさらし、水気を絞り、3㎝長さに切る。
  3. にんじんは短冊切りにして、熱湯で茹でる。
  4. こんにゃくは3㎝幅にきり、熱湯で茹でる。
  5. 水気を切った豆腐を泡だて器で混ぜる。なめらかになったら、すりごま、砂糖、しょうゆを加え、混ぜ合わせる。
  6. 春菊、にんじん、こんにゃくを加えて和える。
材料 1人分 2人分
キャベツ 70g 140g
しめじ 20g 40g
だし汁 150g 300g
味噌 10g 20g
  1. キャベツは短冊切りにする。しめじは小房に分ける。
  2. 鍋でだし汁を煮立てて、キャベツ、しめじを入れる。
  3. 煮立ったら、味噌を溶き入れる。

 

材料 1人分 2人分
りんご 60g 120g
  1. りんごの皮をむき、食べやすい大きさに切る。

 

秋メニュー

 秋から冬にかけて旬をむかえる“れんこん”を使った献立を紹介します。この献立は、実際に川崎市公立保育園で提供されている給食献立です。大人の分量とは別に、こどもの分量も載せました。保育園の味は薄味ながら素材やだしの風味を生かして、美味しく食べられるよう工夫しています。
 れんこんは茨城県の霞ヶ浦が産地として有名ですね。収穫がはじまる秋の新れんこんは軟らかくあっさりとした味わいです。「あな~のあいた、れんこんさん♪」で園児にも人気のれんこんは、他にもきんぴらや酢の物にして、保育園で提供することもあります。今回は食感の良さを生かして、ハンバーグに入れました。ぜひお試しください。

 
1食分の栄養価
献立名 エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 食塩相当量
kcal g g g g
ごはん(はいが米)150g 251 4.1 1.0 54.6 0.0
れんこんハンバーグ 280 17.3 17.0 14.0 0.6
小松菜とコーンの甘酢和え 57 1.5 0.0 13.0 0.6
味噌汁(里芋・なめこ) 32 2.0 0.0 5.3 0.7
34 0.2 0.1 9.0 0.0
合計(大人) 654 24.9 18.2 96.2 1.9
合計(1~2歳) 342 12.5 8.1 53.3 1.0

※こども(1~2歳)1人分目安量として、ごはん(はいが米)は90g、なし1/8個となります。

材料 こども(1~2歳)1人分 大人1人分(g) 大人4人分(g)
豚挽肉 35 80 320
玉ねぎ 13 40 160(小1個)
サラダ油 0.4 1 4(小さじ1)
れんこん 13 30 120(1/2節)
パン粉 4 10 40(1カップ)
スキムミルク 1 2.4 9.6(大さじ1と1/2)
2.5 6 24
0.16 0.4 1.6(小さじ1/4)
こしょう 0 0 0(少々)
サラダ油 0.45 1 4(小さじ1)

※水溶きしたスキムミルクは、牛乳35mlにしても良いです。

  1. 玉ねぎはみじん切りにし、油で炒め冷ましておく。
  2. れんこんはフードプロセッサーで粗く刻む。
  3. 豚挽肉にパン粉、水溶きしたスキムミルク、塩、こしょう、①、②を加え、粘りが出るまでよく混ぜる。
  4. ③を1人分ずつ取り、空気を抜いてから小判型に整え、中央をくぼませる。
  5. フライパンに油を熱し、④を並べ、強火で2~3分焼いて火を弱め、2~3分焼いて裏返す。火を強めてこんがりと焼き色がついたら、ふたをして火を弱め6~7分焼いて中まで火を通す。
材料 こども(1~2歳)1人分 大人1人分(g) 大人4人分(g)
小松菜 36 80 320(1束)
春雨 3 10 40
ホールコーン(缶詰) 8 18 72
砂糖 1 2.2 8.8(大さじ1)
1.5 3.4 13.6(大さじ1弱)
しょうゆ 0.8 1.8 7.2(小さじ1強)
0.1 0.22 0.88(少々)
  1. 小松菜は下ゆでし、食べやすい大きさに切る。
  2. 春雨は熱湯でもどし水にさらし、食べやすい大きさに切る。
  3. ホールコーン缶はザルにあけて水気を切る。
  4. 砂糖、酢、しょうゆ、塩で甘酢を作り、水気を切った①・②・③をあえる。
材料 こども(1~2歳)1人分 大人1人分(g) 大人4人分(g)
里芋 24 30 120(2~3個)
なめこ 10 12 50
だし汁 110 130 520
味噌 4 4.8 19.2(大さじ1強)
  1. 里芋は皮をむき、さいの目に切り、塩でもんでぬめりを取り、水洗いする。
  2. なめこはさっと洗い水気を切っておく。
  3. だし汁に①を加えて煮立て、里芋に火が通ったらなめこを加え、一煮立ちしたら味噌を加えて味を調え火を止める。

 

夏メニュー

昨今は、養殖物でも高級食材になってきていますが、うなぎはビタミンやミネラルも多く含まれ、やはり夏バテ防止の食材として欠かせません。食文化の面からも奈良時代から食べられてきたうなぎは、「うなぎのぼり」「うなぎの寝床」「山芋変じてうなぎと化す」等の言葉もあって、日本人にはなじみのある食べ物です。ここではうなぎをお寿司に取り入れさっぱりと。主食白飯、主菜豚肉の柚子胡椒だれにしてもシニアに会う献立になっています。

 
1食分の栄養価
献立名 エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 食塩相当量
kcal g g g g
うなぎのちらし寿司 380 16.2 13.3 47.1 1.2
ゆで豚の柚子胡椒だれ 144 8.3 10.2 8.4 0.9
ミニトマトとオクラおかか炒め 44 1.6 2.2 3.8 0.1
しらすととろろ昆布のお吸い物 12 2.1 0.1 1.4 0.6
水ようかん 42 2.5 0.2 7.5 0
合計 622 30.7 26 68.2 2.8
材料 6人分
米・水 各カップ2
大さじ2
昆布 10cm
うなぎのかば焼き 1尾(250g)
かば焼きのたれ 20ml
合わせ酢
・酢 50ml
・さとう 大さじ1
・塩 小さじ1/4
錦糸卵
・たまご 2コ
・水 + 片栗粉 小さじ2 + 小さじ1
サラダ油 適量
きゅうり 1本
みょうが 3コ
いりごま(白) 大さじ3
刻みのり 1枚
山椒 適量
  1. 米は炊く30分前に洗ってざるに上げる。炊飯器に分量の水と昆布をいれ、30分置き、酒を加えて炊く。
  2. 合わせ酢を作る。
  3. かば焼きは長さを半分に切ってラップをふんわりかけ、電子レンジ(600w1分30秒)で加熱。1cm幅に切り、タレの半量をまぶしておく。
  4. きゅうりは塩を振り板ずりして水で洗い、薄く小口切りにしてしばらく置きしんなりしたら水気をかたく絞る。みょうがは縦半分にし、千切りにし、水に放ってざるにあげ軽くし絞ておく。
  5. 錦糸卵を作る。
  6. 炊き立てのご飯に合わせ酢と残りのうなぎのたれを混ぜる。
  7. 温かいうちにうなぎの1/3量、炒りごま、きゅうり、みょうがを混ぜる。器に盛って海苔、錦糸卵とうなぎを色よく飾る。錦糸卵を作る。
  8. 好みで山椒をふる。
材料 6人分
豚肉赤身(しゃぶしゃぶ用) 240g
レタス 180g
(赤)たまねぎ 90g
みず菜 60g
柚子こしょうだれ
 A.ポン酢しょうゆ 50ml
 A.柚子こしょう 小さじ1
 A.サラダ油 大さじ1
  1. 豚肉はたっぷりの湯(70℃~80℃)に豚肉を4~5枚ずつ広げ入れ、色が変わったら氷水に入れ粗熱をとり、ザルに上げる。
  2. レタスは洗って一口大に手でちぎる。たまねぎは繊維に沿って薄くスライス、水菜は3cm長さに切り、大葉は縦半分に切って千切りにし、すべての野菜を水にさらす。
  3. ②の野菜の水気を良く切って冷蔵庫で冷やす。
  4. Aの調味料を合わせてたれを作る。
  5. ペーパータオルで水気を取ったレタスを皿にしき、③のたまねぎと水菜と大葉を混ぜてのせ、その上に①の豚肉を盛り、④の柚子こしょうたれをかける。
材料 6人分
ミニトマト パック1(18コ)
オクラ 12本
サラダ油 大さじ1
A.酒 大さじ2
A.しょうゆ 小さじ1
A.こしょう 少々
削り節 6g
  1. ミニトマトは洗ってへたを取る。オクラは板ずりをしてサッと水洗いしてへたを落とし、長さを斜め半分に切る。
  2. フライパンにサラダ油を熱し、オクラ、ミニトマトの順に炒め、油が全体になじんだら、Aで調味をして、仕上げに削り節をまぶす。

 

材料 6人分
万能ねぎ 6本
しらす干し 大さじ4
とろろ昆布 15g
削り節 6g
A.だし汁 900ml
A.しょうゆ 小さじ2
  1. 万能ねぎは小口切りにする。
  2. お椀にとろろ昆布、しらす干し、万能ねぎ、かつお節を入れる。
  3. だし汁にしょうゆを加え、お椀に注ぐ。

 

材料 6人分
粉寒天 2g
ぬるま湯 300ml
さとう 大さじ1
こしあん 300g
  1. 鍋に分量のぬるま湯を入れ、粉寒天を振り入れて10~15分置き、充分にふやかしておく。
  2. ①を中火の弱火にかけて煮溶かし、煮立ったらかき混ぜながら1~2分煮て、さとうを加えさらに1~2分煮て火からおろす。
  3. ②にこしあんを何回かに分けて加え、ゆっくりと混ぜ、なじませる。
  4. 鍋底を氷水につけ、かき混ぜながら粗熱をとり、少しとろっとしてきたら型に流し入れて、冷蔵庫で冷やし固める。
  5. ④を12等分にする。

 

春メニュー

春らしい暖かな季節となりました。新型ウイルスの対応で、おうちで過ごす時間が多くなっている昨今ですが、春は香りや彩り豊かな食材がたくさんあります。ぜひ季節の食べ物で旬を感じていただけたらと思います。旬の食材を取り入れた簡単なメニューを紹介します。
味噌汁の実には今回はあさりを使っていますが、旬のお野菜に替えると食塩を抑えられ、食物繊維もアップします。

 
1食分の栄養価
献立名 エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 食物繊維
(総量)
食塩相当量
kcal g g g g g
ごはん 269 4.0 0.5 59.4 0.5 0
鰆のみそマヨネーズ焼き 287 24.9 17.9 3.8 0.4 1.1
みそ汁 33 3.9 0.9 2.3 0.5 2.1
菜の花のおひたし 25 3.0 0.2 4.2 2.5 0.4
いちご 17 0.5 0.1 4.3 0.7 0
合計 631 36.3 19.6 74 4.6 3.6
材料 1人分(g) 4人分(g)
さわら 120 4切れ
マヨネーズ 8 大さじ1と2/3
みそ 5 大さじ1
砂糖 1 小さじ1
きゅうり 3 約半分
ガリ 6 24g
  1. マヨネーズ、みそ、砂糖を混ぜ合わせる。
  2. さわらをグリルで10分程度焼く。
  3. さわらに①を塗って、少し焦げ目が付くまでさらに1~2分焼く。
  4. きゅうりとガリを薄く切り、合わせたものを鰆に添える。
材料 1人分(g) 4人分(g)
あさり(殻付き) 30 120
みそ 10 大さじ2
だし汁 150 3カップ
  1. あさりを砂抜きする。
  2. だし汁にあさりを入れて、あさりが開くまで加熱する。
  3. あさりに火が通ったらみそを溶き入れる。
材料 1人分(g) 4人分(g)
菜の花 60 2束
だし汁 12 大さじ3
しょうゆ 3 小さじ2
からし 0.5 小さじ1/3
  1. 菜の花は茎の硬い部分を切り落とす。
  2. 菜の花を茹でてよく水気をきり、3cm程度の食べやすい大きさに切る。
  3. だし汁、しょうゆ、からしを合わせて、菜の花を浸す。

 

材料 1人分(g) 4人分(g)
いちご 50 12個
  1. いちごをていねいに洗い、器に盛り付ける。

 

栄養かながわ」122号表紙のメニュー

詳しい作り方はこちらから【PDF】
 

冬メニュー

厳しい寒さが続いています。食事で体を内側から温めましょう。
丼は甘辛いネギトロそぼろに生姜がアクセントになり、食欲をそそります。ナムルは加熱に電子レンジを使用し、味付けを塩昆布でシンプルにしているので簡単に作ることができ、汁物は大根おろしとなめこの口当たりがよく、さっぱりいただけます。今年の冬も毎日の食事で元気に乗り切りましょう。

 
1食分の栄養価
献立名 エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 食物繊維
(総量)
食塩相当量
kcal g g g g g
ネギトロそぼろ丼 593 45.4 4.7 83.9 0.6 1.5
小松菜のナムル 22 1.4 1.4 2.4 1.5 0.5
みぞれ汁 23 1.2 0.2 5.4 2.3 1.0
合計 638 48.0 6.3 91.7 4.4 3.0
材料 1人分(g) 4人分(g)
ご飯 200 800
まぐろたたき 150 600
2 小さじ2
(A) 酒 15 大さじ4
(A) 砂糖 3 大さじ1と1/3
(A) みりん 9 大さじ2
(A) しょうゆ 9 大さじ2
(A) しょうが(チューブ) 1 4
小ネギ 1 4
  1. フライパンに油を入れ、温まったらまぐろたたきを入れ、崩しながら中火で加熱する。
  2. 火が通ったら(A)を入れて、汁気を飛ばす。
  3. ご飯を盛り付け、②を乗せ、小ねぎを散らす。
材料 1人分(g) 4人分(g)
小松菜 50 1束
(A) 塩昆布 3 12
(A) ごま油 1 小さじ1
(A) 炒りごま 0.5 2
  1. 小松菜を良く洗い、根元を切り落とし、3~4cmに切る。
  2. 耐熱皿に入れ、ラップをして500wで3分30秒加熱し、水けをきる。
  3. ②に(A)入れて混ぜる。
材料 1人分(g) 4人分(g)
大根 75 300
なめこ 50 200
小ねぎ 1 4
(A) 顆粒だし 1 4
(A) 塩 0.2 小さじ1/3
(A) しょうゆ 3 小さじ2
150 600
  1. 大根をすりおろし、水けを軽く絞る
  2. 小ねぎを刻む。
  3. 水を煮立たせ、(A)を入れる。
  4. なめこ、①を入れてひと煮立ちさせる。
  5. 器に盛りつけ②を散らす。

 

「栄養かながわ」1月号表紙のメニュー

詳しい作り方はこちらから【PDF】
 

夏メニュー

気持ちの良いさわやかな季節になりました。たけのこ、アスパラガス、さやえんどうなど、この時期ならではの食品が出回るようになりました。
しかし、もうすぐ梅雨もやってきます。この時期の不安定な天候にも合わせ、冷たくしても温かくしても美味しくいただけるあんかけや、湿気からくる体のむくみやだるさ解消のため、利尿作用もある小豆を使用したデザートを取り入れました。
また、よく噛むことを意識して、きくらげを添えたり、野菜を大きく切ったりする工夫をしています。

 
1食分の栄養価
献立名 エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 食物繊維
(総量)
食塩相当量
kcal g g g g g
ごはん120g 202 4.2 0.4 43.3 0.4 0
中華豆腐 101 10.3 3.5 7.5 2.3 0.4
新じゃがとアスパラのソテー 57 1.9 2.8 6.6 0.6 0.5
ひじきサラダ 91 3 5.3 9.1 2.7 0.7
小倉牛乳ゼリー 84 3.8 2 12.5 1.1 0.1
合計 535 23.2 14 79 7.1 1.7
材料 1人分(g) 4人分(g)
豆腐(絹ごし) 75 300
むきエビ(冷凍) 15 60
きくらげ(乾) 1.5 6
タケノコ(水煮) 10 40
人参 5 20
スイートコーン缶 8 32
さやえんどう 5 20
植物油 1 小さじ1
薄口しょうゆ 1.5 小さじ1
中華だし 2 小さじ2
50㏄ 200㏄
片栗粉 2 8
  1. きくらげを戻し、一口大に切る。
    さやえんどうは、茹でて1/2に切る。
  2. タケノコは、大きめの乱切りにし、人参は、一口大の乱切りにする。
  3. スイートコーンとさやえんどう以外の野菜、むきエビを油を敷いたフライパンで炒め水を入れ中華だし、しょうゆで味をつけ材料に火を通す。
  4. ③に片栗粉を同量の水で溶いたものを加え、とろみをつけ豆腐とコーン、えんどうを加え、再び軽く火を通す。
材料 1人分(g) 4人分(g)
新じゃが 25 100
アスパラ 15 60
ベーコン 5 20
0.5 小さじ1/2弱
濃口醤油 0.5 小さじ1
ごま油 2 小さじ2
粉山椒 適宜 適宜
  1. じゃがいもは、よく洗い、1/4に切り、皮付きのまま使用する。アスパラは、2㎝ほどに切り塩ゆでする。
  2. ベーコンは、千切りにする。
  3. ①②をごま油で炒めしょうゆと粉山椒で香り付けする。
材料 1人分(g) 4人分(g)
ハム 10 40
ひじき(乾) 2 8
人参 5 20
玉ねぎ 40 160
きゅうり 10 40
三温糖 1 小さじ1強
3 小さじ2弱
薄口しょうゆ 1.5 小さじ1
マヨネーズ 5 20
  1. ひじきは、戻し茹でておく。
  2. 野菜、ハムは千切りにする。
  3. ②をごま油で炒めしょうゆで味をつける。
  4. すべての材料を砂糖、酢、マヨネーズで和える。

 

材料 1人分(g) 4人分(g)
小豆餡缶(粒味付き) 15 1缶(190)
牛乳 50 600
ゼラチンパウダー 1.2 15
7.5 90
小豆餡缶トッピング用 10 40
  1. ゼラチンに水を入れふやかしておく。
  2. 牛乳を温め①を入れしっかり溶かす。
  3. ②に小豆餡を入れ混ぜる。
  4. ③を氷水でかき混ぜながら冷やし、粗熱がとれたら流し型やグラスに入れ冷蔵庫で固める。
  5. 盛り付け後に小豆餡をトッピングする。

 

春メニュー

すっかり春らしい日差しになりました。香り豊かな春の食材を取り入れた献立です。多くの人になるべく簡単に作っていただけるよう食材の選定や作り方を工夫しました。

 
1食分の栄養価
献立名 エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 食物繊維 食塩相当量
kcal g g g g g
ごはん 285 4.3 0.5 63.1 0.5 0
豚肉と新玉ねぎの炒め物 367 12.5 31.4 7.2 2.5 0.7
すまし汁 26 2.5 1.1 1.6 0.3 1.6
こまつなのお浸し 11 1.5 0.1 2.3 1.7 0.2
合計 689 20.8 33.1 74.2 5.0 2.5
材料 1人分(g) 4人分(g)
豚肉 75 300
新玉ねぎ 63 250
ぶなしめじ 40 一袋
サラダ油 4.5 大さじ1.5
めんつゆ(3倍希釈) 3.8 大さじ1
0.1 0.4
こしょう 少々 少々
鷹の爪 0.2 1~2本
  1. フライパンに油を入れ火にかける。
  2. 鷹の爪を輪切りにし、①に入れて辛味を油に移す。
  3. ②に一口大の大きさに切った豚肉を加えて強火で炒める。
  4. 塩・こしょうを振り入れる。
  5. スライスした玉ねぎと小房にほぐしたしめじを加える。
  6. めんつゆを⑤に回しかけ、水分がなくなるまで炒める。
材料 1人分(g) 4人分(g)
豆腐 37.5 1/2丁
三つ葉 0.5 2.0
乾しいたけ 0.5 1~2枚
だし汁 150 600
しょうゆ 1.3 小さじ1
0.7 小さじ1
  1. 乾しいたけを30分程度ひたひたの水で戻し薄く切る。
  2. だし汁を温める。
  3. 豆腐を1cm角程度の大きさに切り、しいたけとともに②に加える(しいたけの戻し汁も使用する)。
  4. 塩、しょうゆで調味する。
  5. 三つ葉を入れ、火を止める。
材料 1人分(g) 4人分(g)
こまつな 50 200
焼きのり 1.5 2枚分
しょうゆ 1.3 小さじ1
  1. 沸騰した湯に塩を入れ、こまつなを根元から入れて色よくゆでる(2~3分)。
  2. こまつなをざるにあげ、3cm程度の長さに切ってからしょうゆをかけ、細かく切ったのりを混ぜる。

 

冬メニュー

寒くなってくると食べたくなるあつあつのグラタン。
グラタンには伊勢原名産大山しめじ、サラダには地場野菜のルッコラを使用し、当院ではセレクトメニューと小児科病棟の献立として実際に提供しています。
一緒にバケットと野菜たっぷりのミネストローネ、サラダ、季節の果物も揃った人気のメニューです。

 
1食分の栄養価
献立名 エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 食物繊維
(総量)
食塩相当量
kcal g g g g g
グラタン 520 23.2 31.3 34.8 3.2 1.4
バゲット
(マーガリン付)
174 3.8 7.1 23 1.1 0.7
ミネストローネ 27 0.6 1 4.4 0.7 0.6
サラダ 42 0.5 3.4 2.7 0.7 0.2
みかん 21 0.3 0 5.4 0.5 0
合計 784 28.4 42.8 70.3 6.2 2.9
材料 1人分(g) 4人分(g)
乾燥マカロニ 20 80
鶏もも肉 50 200
玉ねぎ 30 120
しめじ 20 80
ブロッコリー(茎を除く) 40 160
牛乳 150 600
小麦粉 10 40
バター 15 60
白ワイン 0.5 2
0.5 2
ピザ用チーズ 20 80
  1. マカロニは塩を入れた熱湯で、表示どおりに茹でる。
  2. 玉ねぎは薄切り、しめじは石づきを取り小房に分ける。
  3. ブロッコリーは小房に分け、塩ゆでする。
  4. 鶏肉は一口大に切る。バター(半量)を熱したフライパンで玉ねぎ、しめじとともに炒める。色が変わったら白ワインを加え、水分がなくなったら取り出しておく。
  5. 【ホワイトソース】鍋にバターを弱めの中火で溶かし、小麦粉を加え、粉っぽさがなくなるまで木べらでよく混ぜる。
  6. 【ホワイトソース】フツフツと泡が出てきたら牛乳を少しずつ加え、泡だて器でダマができないようによく混ぜ合わせる。とろみがついてきたら、塩を加えて木べらで混ぜる。
  7. ①~③、⑥を混ぜ合わせて耐熱容器に盛り付ける。
    ブロッコリー、チーズをのせて、250℃に熱したオーブンで15分焼く。
材料 1人分(g) 4人分(g)
トマトピューレ 8 32
玉ねぎ 20 80
セロリー 7 28
にんじん 7 28
オリーブオイル 1 4
ケチャップ 2 8
コンソメ 1 4
0.1 0.4
100 400
  1. 玉ねぎ、セロリー、にんじんは1cm角に切る。
  2. 鍋にオリーブオイルを熱して①を炒める。
  3. キャベツは1cmの短冊切り、長ねぎは小口切りにする。
  4. しんなりしたらトマトピューレ、水、コンソメを加えて煮る。
  5. ケチャップ、塩で調味する。
材料 1人分(g) 4人分(g)
レタス 30 120
にんじん 10 40
きゅうり 10 40
ルッコラ 5 20
市販フレンチドレッシング 8 32
  1. レタスとルッコラはざく切り、きゅうりは輪切り、にんじんはせん切りにする。
  2. フレンチドレッシングをかける。

 

秋メニュー

「食欲の秋」が近づいてきました。秋においしい食べ物もこれからたくさん出回ってきます。代表的な秋の食べ物のひとつであるさつまいもを使って、献立を立てました。この献立は、実際に現在横浜市立学校の給食で提供されているものです。子どもたちはさつまいもが大好き。大学いもの他にも、みそ汁に加えたり、栗と一緒に甘煮にしたりして、この季節のさつまいものおいしさを給食をとおして伝えています。ツナそぼろもとても簡単にできる、ご飯がすすむ一品です。ぜひお試しください。

 
1食分の栄養価
献立名 エネルギー たんぱく質 脂質 カルシウム 食物繊維 食塩相当量
kcal g g mg g g
麦ご飯(176g 麦10%配合) 286 5 0.8 18 1 0
牛乳(200ml) 137 6.8 7.8 227 0 0.2
ツナそぼろ 118 9.6 7.2 20 0.3 0.8
みそ汁 24 1.6 0.5 34 1.1 1
大学いも 135 0.5 3.3 24 1.7 0.1
合計 700 23.5 19.6 323 4.1 2.1
材料 1人分(g) 4人分(g)
まぐろ油漬(フレーク) 25 100
まぐろ水煮(フレーク) 20 80
凍り豆腐(乾) 2 1/2枚
にんじん 10 40
しょうが 0.4 ひとかけ
しょうゆ 2.5 小さじ2
上白糖 1.5 小さじ2
みりん 1 小さじ1弱
0.9 小さじ2/3
2g 50cc

※大量調理の際には水は使用しませんが、食数によっては焦げ付く場合があります。適宜調整して作ってください。

  1. まぐろ油漬をザルにあける。
  2. まぐろ水煮を別容器にあける。(汁も使用する)
  3. にんじん、しょうがをみじん切りにする。
  4. 凍り豆腐をぬるま湯でもどし、小さめの角切りにする。
  5. 調味料・水・しょうが・にんじんを鍋に入れ、火にかける。弱火で煮立たせ、まぐろ油漬・まぐろ水煮・凍り豆腐を入れて汁がなくなるまで炒りつける。
材料 1人分(g) 4人分(g)
キャベツ 20 80
こまつな 8 1株
長ねぎ 5 20cm程度
淡色辛みそ 6 大さじ1.5
赤色辛みそ 2 小さじ強
削り節 1.5 小袋2パック
120 480㏄
  1. 分量の水を沸かし、削り節を入れてだしをとる。
  2. こまつなを2cmの長さに切り、固めにゆでる。
  3. キャベツは1cmの短冊切り、長ねぎは小口切りにする。
  4. だし汁にキャベツを入れ、煮えたらみそ、ねぎを入れる。
  5. こまつなを入れる。
材料 1人分(g) 4人分(g)
さつまいも 60 240
揚げ油 3 適宜
しょうゆ 0.6 小さじ1/2
上白糖 6 大さじ2
6 大さじ2
いりごま(黒) 0.5 小さじ1/2
  1. 調味料、水を小鍋に入れて、弱火で沸騰させ、とろみがつくまで加熱する。(固くならにように注意する)

    ※たれを作る際は、かき混ぜすぎないように、また、柔らかめに仕上げるようにするのがコツです。

  2. さつまいもを乱切りし、160℃の油で素揚げする。
  3. さつまいもが熱いうちにたれを絡め、ごまを振る。
※横浜市学校給食基準献立より

PageTop