神奈川県民の皆様へ健康・情報発信
栄養士会員への専門情報発信
公益社団法人 神奈川県栄養士会
  1. HOME
  2. 事業部のご案内
  3. 職域事業部
  4. 福祉事業部会

福祉事業部会

児童福祉施設、社会福祉施設(高齢者・心身障害者)等の栄養管理に関する部門及び関係行政機関、団体に勤務する管理栄養士・栄養士が所属し運営されています。  乳児から高齢者の幅広い年齢層と特殊性から、専門職としての資質向上していく必要があります。1施設1栄養士といった配置が多い状況の中、関心の高い内容の研修企画や、最新の情報を提供できるよう努めています。研修の場での情報交換を通してそれぞれの施設で活躍している栄養士同士の仲間作り、ネットワークが出来ることを目指しています。

会長あいさつ

高齢者施設・障害者施設・児童施設で働く、管理栄養士・栄養士が所属している部会です。
福祉の施設では、乳幼児から高齢者までを対象としたそれぞれの分野で、個別の栄養管理が必要とされています。
高齢者施設での栄養マネジメントについては、アセスメントの重要性とICFの考え方を基本にした「利用者の意向をくみ取った」栄養ケア計画を立案し、期間毎のモニタリングと的確な評価をする事によって成果が見えるマネジメントが必要とされています。
障害者施設においても、障害からなる特性を理解して、先行している高齢者施設同様の栄養マネジメントが必要となっています。 また、児童施設では、心身の健康と食を育むという観点から食育の重要性が見直されています。子どもの状況に合わせた個別のサポートが必要とされている中で、家庭・施設・社会(地域)が連携して、専門職としての管理栄養士・栄養士の役割をきちんと果たしていく事が必要となっています。
上記内容と同時に、国の福祉施策にも耳を傾け、改定される内容に的確に対応するために、会員が一丸となって現場としての力を発揮することが大切です。今年度も会員のスキルアップを目指して高齢・障害・児童それぞれの分野の研修会を企画しています。また、日本栄養士会福祉事業部とも連携して技術の向上を勧めています。多くの方のご参加、ご入会をお待ちしています。

神奈川県栄養士会福祉事業部長 岡本裕子

会員数

440名

平成30年~31年度役員名簿

部会長 岡本 裕子(職域:高齢)
副部会長 山田 恵子(職域:高齢)
副部会長
会計
岡田 卓子(職域:児童)
運営 根本 文子(職域:高齢)
片山 忍(職域:高齢)
入澤 治子(職域:高齢)
髙橋 寿江(職域:高齢)
高桑 幸(職域:障がい)
加藤 義明(職域:障がい)
小山内 景子(職域:障がい)
山本 奈穂(職域:障がい)
清水 かおり(職域:障がい)
内野 直美(職域:児童)
伊藤 順子(職域:児童)
吉島 佳那子(職域:児童)

平成30年度神奈川県栄養士会福祉事業部 事業計画

9月 講義/演習 相模原南メディカルセンター

経口摂取と非経口摂取の管理
~必要な栄養素と経腸栄養剤の調整~

講師:
  • 武庫川女子大学教授 雨海照祥氏
10月 講義/実習 神奈川県
学校給食会館

平成30年度「健やか親子21」事業(委託事業)
「児童福祉施設におけるクッキング講座」

講師:
  • 元気食プロデューサー 二本木ゆうこ氏
11月 講義/演習 相模原南メディカルセンター

食事摂取基準の理解に必要な栄養生化学
~事例から学ぶ病態栄養の基本~

講師:
  • 東京大学教授 佐々木敏氏
2月 講義/演習 未定

「高齢者・障害者・児童のそれぞれに必要な栄養ケアマネジメントとは」
~失敗事例から学ぶ栄養ケアマネジメント~

講師:
  • 未定

PageTop